キッズミュージカルスクール|子供の情操教育と子役指導で評判|一流講師が個性と才能開花|広尾麻布のジュエリーキッズ

クラスのご案内

ジュエリーキッズでは、お子さまの感性・情緒を養い才能を開花するために、多くの感覚を刺激するクラスを選び、一流の講師陣が少人数の定員にて指導にあたっています。

お子さまは、まさに真っ白なキャンバスと同じ状態。何も色がついていない分、与えるとすぐに吸収する柔軟性を持っています。
そんな真っ白の状態だからこそ、この時期にいかに「良質な本物」「一流」に触れさせるかが重要になってきます。例えば、一流の歌や踊り、ミュージカルやオペラなど、感性に刺激を与える良質な「芸術」が盛り込まれていることが大切です。

レッスン基本スケジュール

ジュエリーキッズのレッスンは毎週月曜日、水曜日、木曜日、金曜日、土曜日、日曜日(5週目お休み)となっており、レギュラークラスの中心は日曜日となります。レッスンスタジオは、有栖川スタジオ、広尾スタジオの2か所ございますのでお間違いの無いようにご注意ください。クラス名後の数字(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ等)はレベル別クラスです。数字が上がるごとレベルが高くなります。クラスは講師の認定で決定します。
レッスン時間は以下のとおりです。

レギュラークラス:基本スケジュール
【日曜日クラス】
時間 スタジオ クラス
09:15~10:10 有栖川スタジオ3階 歌(Ⅰ)クラス(55分)
09:25~10:15 広尾スタジオA 3~4歳 リトルスタークラスⅡ(50分)
09:30~10:15 有栖川スタジオ1階 3~4歳 リトルスタークラスⅠ(45分)
10:20~11:20 有栖川スタジオ3階 演技(Ⅰ)クラス(60分)
10:25~11:30 有栖川スタジオ1階 バレエ(4~6歳)クラス(65分)
10:25~11:25 広尾スタジオA 歌(Ⅱ)クラス(60分)
11:35~12:45 有栖川スタジオ1階 バレエ(7歳~)クラス(70分)
11:35~12:40 広尾スタジオA ミュージカルダンス(Ⅰ)クラス(65分)
11:40~12:45 有栖川スタジオ3階 演技(Ⅱ)クラス(65分)
12:50~13:55 有栖川スタジオ3階 歌(Ⅲ)クラス(65分)
12:55~14:05 有栖川スタジオ1階 ミュージカルダンス(Ⅱ)クラス(70分)
14:10~15:25 有栖川スタジオ1階 ミュージカルダンス(Ⅲ)クラス(75分)
17:05~18:05 広尾スタジオA MJダンスクラス(60分)
【金曜日クラス】
時間 スタジオ クラス
10:30~11:20 広尾スタジオA みんなのバレエ(親子)クラス
16:00~16:50 広尾スタジオA 4~5歳 言葉の力(ちから)クラス(50分)
17:00~18:00 広尾スタジオA タップダンスクラス(基礎)
18:15~19:25 広尾スタジオA タップダンスクラス(初級)(65分)
【木曜日クラス】
時間 スタジオ クラス
16:50~17:55 広尾スタジオA ファンタジーダンスクラス
【水曜日クラス】
時間 スタジオ クラス
16:40~17:55 広尾スタジオA ミュージカルダンス(初級)クラス
18:05~19:30 広尾スタジオA ミュージカルダンス(中級)クラス
【月曜日クラス】
時間 スタジオ クラス
17:40~18:40 広尾スタジオA 剱伎道(殺陣)クラス

アルファクラスについてはコチラ

ジュニアクラスについてはコチラ

個人レッスンのご案内はコチラ

2016年4月より: 詳細な時間割表はコチラ

  • 1レッスンからご参加が可能です。
  • レッスンはやむを得ない理由により、休講または時間割が変更となる場合がございます。予めご了承ください。レッスンご参加時には必ず「レッスンスケジュール」をご覧ください。

クラス紹介 <3〜4歳のお子さま向け>

3~4歳リトルスタークラス
(講師:横山清崇中村匠谷内愛)(レッスンイメージ

3~4歳の時期はお子さまがしっかりと成長し、そろそろ習い事を・・・と考える時期ではないでしょうか。
ジュエリーキッズのリトルスタークラスでは、まずはきちんとしたご挨拶から始まり、ミュージカルの基本要素である「演技体験」、「お歌」、「リズムダンス」を通して、何かにチャレンジしたり、やってみる楽しさを経験することが大切だと考えています。
正しい指導により、複合的な芸術ジャンルに触れる体験は、お子さまの感性と情緒を養うのにとても効果的です。
まずはリトルスター「Ⅰ」クラス(有栖川スタジオ)にご参加をいただき、出来ることが増えてきたら講師の認定により「Ⅱ」クラス(広尾スタジオ)に進級します。
まずこのクラスでお子さまにミュージカルの基本と、何よりも「楽しさ」「おもしろさ」を感じていただき、各個別クラスに進んでいただくことをお勧めします。

クラス紹介 <4~5歳のお子さま向け>

4~5歳 言葉の力(ちから)クラス
(講師:岩本やよい

言葉と感受性が大いに発達する可能性を秘めている4~5歳の子どもたち。
「言葉」を使ってどのように自分を「表現」していくのかをトレーニングすることは極めて重要です。
自分の感じたことを短いセンテンスで表現出来るようになってくるこの時期、次のステップにどのように進むかで本人の積極性、社交性、ひいては「自分を信じる力」に大きな差が出てきます。「他人の発する言葉」や「物語」から何を感じるか、そこに「実際に体験する」というプロセスが加われば「人の立場にたって考える事」「思いやりの心」などの感受性を飛躍的な成長させることが出来ます。
また、「声を発すること」は「その子の存在感」に直結しています。元気な声で、挨拶ができること、元気な声で歌うことができることは目標の第一段階。さらにその先のTPOにあった声の量、声の質、声の響きで自分の考えを「言語表現」が出来る事で、その子の持つ個性は一層魅力的なものになってゆきます。全てを吸収できる時期だからこそ、「自分の言葉の力を高める」ことが大切です。
ひとりひとりが自信あふれる魅力的な声で、しっかりと想いを伝えられる!「言語表現」の力を開花させるクラスです。
ご参加されるご家族、お子さまの目的に応じて小学校お受験に大変役に立つと評判のクラスです。2014年11月実績において、参加対象者7人中、6名が志望校に合格しました。塾の補完としてもご参加いただけます。

クラス紹介 <5〜12歳のお子さま向け>|個別クラス

演技クラス
(講師:横山清崇中村匠家本朋子岩本やよい谷内愛)(レッスンイメージ

ミュージカルの3要素は「演技、歌、ダンス」です。このクラスで特に重視しているのは演技にとって重要な「言葉」です。
子どもの頃から言葉をしっかりとした滑舌で話せるようになることは、友人関係、その他「自分の想いをきちんと相手の心に届ける」という意味で人生のどのような場面においても大変重要です。その為に正しい発声方法と呼吸法を学びます。
演技は、状況、関係性を理解し、台本に書かれているセリフを正確に客席に伝えることが最も重要で、作品の感動の90%を決める重要な要素です。相手の気持ちになって考える、自分がその状況だったらどのような気持ちになるだろう、というお子さまの感受性を強く養うことができます。そして、聞いている人に正確に伝えるためにはどのような発声をするかという訓練も必要です。感受性を豊かに言葉の正しい使い方を身に付けることができます。将来、ミュージカルや、子役にご興味がある方はもちろんのこと、子どもに「きちんと意思表示できる子になって欲しい」という方にはぜひ受講いただきたいクラスジャンルです。

歌クラス
(講師:阿川建一郎持木悠滝口律子大前さおり)(レッスンイメージ

歌は、身体が楽器ですので、喉だけではなく身体全体で声が響くように練習をします。ただ声を出すのではなく、正しい発声方法を身に付けることが大切です。きちんとお腹や背中を意識した発声が出来るようになると安定した良い声が出せるようになります。
基礎は呼吸法です。腹式(横隔膜)呼吸を学びます。
母音のラインを揃えることを意識し、発声できるようにし、身体で声を支えられるようにします。音楽に合わせて歌詞を心で感じる感受性が養え、お腹から声を元気よく出すことにより、身体全体で表現出来るようになり、歌だけでなく、すべての事に対して「積極性が養われます。将来ミュージカルや、宝塚音楽学校、子役にご興味がある方には、ぜひ受講いただきたいクラスと言えます。レベルと年齢に応じて、コールユーブンゲンやコンコーネ等の声楽テキストも使用していきます。

バレエクラス
(講師 庄野早冴子佐藤匡子三浦由起子)(レッスンイメージ

ジュエリーキッズのバレエクラスの特徴は、楽しく上達する「ミュージカルバレエ」であること。将来バレリーナにまでするつもりは無く、素養としてバレエを身に付けさせてあげたいとお感じなら、大変効果的なクラスと言えます。バレエ専門のスタジオが重点を置くバーレッスンやフロアレッスンはバレエ上達のために大切ですが、「痛い、単調、つまらない」といった理由でバレエを嫌いになってしまう子が少なくないのも事実です。ジュエリーキッズでは、バレエにとって重要な基礎レッスンは大切にしながらも、楽しくてかわいらしい振りやポーズなどを積極的に加えて指導していきます。
バレエはあらゆるダンスの基本と言え、いかに美しいラインで手足を長く見せるか、体の芯(軸)を作り綺麗にターンを回るか、きちんと基本ポジションに型を収め、綺麗にポージングするかなど、美しい身体表現の基本全てを学ぶことが出来ます。小さい頃に始めれば姿勢が良い子になるのも特徴です。基本レッスンを重ねることで、手足と首を長く見せ、筋肉の付き方なども均整のとれた綺麗なスタイルを目指すことが出来ます。宝塚音楽学校の試験項目でもあります。

ミュージカルダンスクラス
(講師 駒田順子小牧由美田中ゆかり)(レッスンイメージ

ミュージカルダンスは「形にとらわれず、喜怒哀楽すべてを表現するダンス」です。
型にハマっていないという点では、「ダンスの中のダンス」と言えます。
バレエの優美さとバランス感覚、そしてヒップホップの自由さとリズム感。その良いところをうまく融合させたのがジャズダンス、別名「ミュージカルダンス」なのです。小さい頃から始めることによりリズム感と、柔軟性、自分の思い通りに身体を動かす技術が身に付きます。ダンスの中で最も「感情表現をしやすいダンス」と言われ、事実、劇団四季の演目や宝塚歌劇団において使われている大半のダンスがこのミュージカルダンスであることは紛れもない事実です。ミュージカルに参加している子役の多くが小さい頃からこのミュージカルダンス(ジャズダンス)を習っています。音楽にのってテンポよく動くなど、ミュージカルには必須の要素で、各種オーディションで「ダンス審査」と言ったらほぼこのミュージカルダンス(ジャズダンス)を指します。
将来ミュージカルにご興味がある方はもちろん、リズム感や柔軟性、思い通り体を動かす運動神経を養いたいお子さまはぜひ習っておきたいクラスジャンルです。

MJダンスクラス(レッスンイメージ

MJダンスとは、マイケルジャクソンのダンスのことを指します。「KING of POP」と名高い彼のダンスセンスは天才的というほかありませんでした。彼の素晴らしさは、バレエ、ジャズダンス、ヒップホップその他のダンスジャンルの要素を組み込みながらも彼独自の全く新しい、人を魅了するエンターテイメントダンスを創り上げたことです。そこでMJダンスという芸術ジャンルとしてこれからのお子さまたちにもぜひ伝えていきたいと考えました。誰でも知っているダンスでありながら、とても特徴的な芸術ジャンルであるからこそMJダンスが出来るお子さまは大変貴重であると言えます。将来ミュージカルや子役、各種オーディション参加にご興味があればぜひお勧めしたいクラスジャンルです。

ファンタジーダンスクラス

このクラスは、子ども達が大好きなディズニーの映画音楽やミュージカルの音楽を使って踊ったり、サンリオピューロランドやUSJなどの各テーマパークのイベントやショーをイメージした華やかな振り付けを楽しくダンスするクラスです。
他のダンスとの大きな違いは、踊っている人だけでなく、観ている人も思わず楽しく笑顔になり、「一緒に楽しめるダンス」であることです。ダンスを通じて時にお芝居心も大切にして、自分自身も楽しみながら、曲や場面に合わせて身体と気持ちをいっぱい使って「表現」していくクラスです。
子ども達が聴いたことがある、思わず口ずさんでしまうような大好きな音楽も多く使いますので自然と楽しく笑顔になり、そして観ている人にも笑顔が広がっていくとっても素敵なクラスです。このクラスを通じて、リズム感やキレのある動き、背筋の伸びた良い姿勢、そして何よりもその子にしかないとびっきりの笑顔を身に着けることが出来ます。
ディズニー映画が大好きな方、テーマパークや遊園地が大好きな方、音楽に合わせて身体を動かすのが大好きな方、楽しく表現力を身につけたい方、ぜひお気軽にご参加ください。

剱伎道(殺陣)クラス

剱伎道(殺陣)クラスは、海外で絶賛されている日本の伝統文化「剱伎道」の創始者、島口哲朗氏をお招きして、ジュエリーキッズオリジナルの「ミュージカルと剱伎道を融合」させた新クラスです。
このクラスはいわば「刀の演技クラス」、「刀のダンスクラス」です。演劇や映画、時代劇などの主に刀を使った演技と立ち回り(舞い)をレッスンしていきます。立ち居振る舞いは、状況に応じた表現が必要で、形やポーズ、構えの美しさも重んじています。より格好良くリアリティを求めて、有効なカラダの使い方やそれにともなう技術の向上をめざし、日常では経験できない、剣を使っての演技やコミュニケーションを楽しく身に着けていくことを目指します。
従来のミュージカル(演技・歌・ダンス)に加えて、日本の伝統文化を特技として習得していくことは、日本人であるからこそこれから求められる資質ではないでしょうか。
このクラスは、剣や刀の扱い、身のこなしの習得のみを目的にするのではなく、日本古来の礼儀作法、礼に始まり礼に終わる精神や、他者を重んじ敬意を払う精神教育こそ最も大事であると考えています。クラスの状況に応じて扇子を使用することもあります。

タップダンスクラス
(講師:池田知穗藤井真梨子

タップダンスが他のダンスジャンルと大きく違う所は、ダンスの動きに加え『自分で音楽をつくり出せる』こと。言わば楽器としての要素が加わるところが最大の魅力です。金具の付いた専用の靴を履いて、靴の爪先とかかとでリズミカルに床を踏み鳴らして踊るダンスです。音楽に合わせながら、同時に音楽も創りだして、自らリズムを表現することが出来るようになります。
タップは細かく難しそうで敷居が高いイメージですが、思った以上に簡単にはじめられ、すぐに楽しさと上達を体感でき、同時に効果的にリズム感を養えます。
足先を動かそうとするのではなく、基礎を大切に身体全体を使ってステップしたり、膝下をリラックスして踏み込んだり、体重移動をすることで自然にいい音が出せるように練習します。練習量に比例して上達し、楽しさと達成感がダイレクトに実感できるダンスです。

おすすめコースのご紹介

複数のクラスレッスンを組み合わせることで感性に異なる刺激を与え、複合的な才能開花が期待できます。また以下おすすめのコースレッスンを重ねることで、これから目指していく夢の幅が広がります。将来のご興味やご希望に応じてぜひご検討ください。

  1. ミュージカルコース

    演技 + 歌 + ミュージカルダンス

  2. 宝塚ベーシックコース

    歌 + バレエ

  3. ダンス基礎コース

    バレエ + ミュージカルダンス

  4. リズムダンスコース

    ミュージカルダンス + MJダンス

  5. 子役コース

    演技 + 歌

  6. テーマパークコース

    歌 + ファンタジーダンス

  7. ハリウッドコース

    演技 + 歌 + 剱伎道(殺陣)

公演・発表会・各種イベント参加について

子ども達の成長のお披露目の場として、ジュエリーキッズと青少年ミュージカル芸術文化振興協会との合同で「ミュージカル公演」を上演しています(過去の公演実績)。その他、夏のミュージカルワークショップや、コンサートイベント、ご希望者には各種イベント、ダンスフェスティバルへの参加を予定しており、オーディション形式でのコンクールやコンテストへの参加も検討中です。

公演やイベント、フェスティバルなど、一つの目標に向かって努力をしてレッスンを重ねることで、通常レッスンでは1年かかるレベルのことがたった数か月で到達できたりするものです。そして何よりも親御さまにとってもお子さまの成長を直接感じ取れる場があるのは嬉しいものです。
お披露目の場はお子さまにとってきっと貴重な経験となります。

ジュエリーキッズはお子さまのそのような「飛躍」の場を今後積極的に作っていきたいと考えています。

ジュエリーキッズの各クラスレッスンで「5つの力」が身に付きます。

柔軟性とリズム感が身につく

ダンスやバレエで必要な基礎トレーニングを行うことで、体の柔軟性とリズム感が楽しく身につきます。柔軟性は、将来どんな運動をするにしてもとても重要で怪我防止にもなります。そして体の柔軟性は発想や創造の柔軟性にも直結します。
リズム感はどんなスポーツにも不可欠ですし、スポーツ以外でもお子さま自らが勉強や遊びなどのペース配分、物事の進め方などを組み立てていく力を養えます。

表現力が身につく

音楽にあわせて踊ったり、歌ったり、演技の練習をすることで、自分の想い、感情をきちんと外に表現できるようになります。そして自分の感情と向き合うことで、自然と人の気持ちも理解できるバランスの良い子に育つ効果があります。豊かな表現力を身に付けることは感受性を養うのに一層効果的です。

協調性、責任感が身につく

音楽にあわせて仲間と踊ったり、皆で合唱をしたりという経験は、自分のダンスの振りや、歌のパートなど、自分の役割というものを自覚し、「責任感」を経験を通じて身に付けることが出来ます。仲間の中での自分の個性の活かし方も磨くことができます。

度胸が身につく

仲間の前で踊ったり、歌ったり、演技をしたりという事もレッスンの中には出てきます。どんな状況においても自分をきちんと表現できる力、緊張感の中でも度胸を持ってチャレンジし、発揮する力が養えます。その結果、何事に対しても臆することがない自信と、勇気が身に付きます。

感性を磨き、才能が身につく

一流講師陣の踊り、歌、演技に触れ、自ら体験することで、この時期しか磨けない感性と情緒を磨き、習得した知識をきちんと自分の意志として正しく表現できるようになります。複合的な芸術によって多くの感覚を刺激し、お子さまの個性と才能の開花を促します。