英才的な情操教育でゴールデンエイジに素晴らしい成長を|広尾・麻布のキッズミュージカルアートスタジオ

ゴールデンエイジについて

お子さまの感性が最も発達し、才能を開花するのに絶好の年齢帯というものがあります。
この時期を「ゴールデンエイジ」と呼び、この年齢帯で身に付けた感性や技能は一生身に付き、離れることは無いと言われています。
その年齢帯の中心はズバリ「8~9才」です。
お子さまの感性を磨き、可能性と才能を開花させるならこの時期を活かすべきです。

この時期は神経系の発達が著しく、取り組んだことほとんど全てが出来てしまうという「魔法の年齢帯」です。
本来は少しずつ定着していく技術や感性も、この時期には驚くほどのスピードで体得が可能で、また一度できてしまうと大人になっても忘れないとされています。
この時期にたくさんの感覚と技術、たくさんの経験を積むことが後になって大きな財産になるのです。
一例ですが、現在の一流スポーツ選手や芸術家の多くは、この時期にたくさん研鑽をしているからこそ、大人になってもその能力が生きているのです。

しかしそれまで何もしていなかった子が急にこの時期に習い事をはじめても成果は少ないようです。
ですから「プレゴールデンエイジ」と言われる4~7才の時期に興味付けをしておいて「ゴールデンエイジ」に向かわせる時期こそが習い事をはじめるのに最適な時期と言えるでしょう。
特に小学校低学年~中学年が最適な時期になります。
現在、ダンスや歌、芸術にあまり興味が無いお子さまでもこの時期に「楽しさ」を覚えれば将来その分野で大きな才能を開花させるかもしれません。また、その時に培った感性や個性は違う人生を歩んだとしてもかけがえのないものとなるはずです。

英才教育と情操教育について

巷で言葉だけが独り歩きしている「英才教育」や「情操教育」とは、単なる知識の詰め込みではなく、それぞれの専門分野、 特に「心の教育」と、「技術の習得」を年齢にとらわれず先行的に『良い指導者から正しい指導を受ける』ことに他なりません。
まさにプレゴールデンエイジ、ゴールデンエイジの時期に、親御さまがどのような良い出会いをお子さまにもたらせるかにかかっているのです。子供への教育が、親が子供に残せる最大の「資産」と言われるゆえんです。

ご参考<一流スポーツ選手の競技開始年齢>

将来スポーツ選手に!というお気持ちが無いにしても、感性を磨き、才能を開花するという意味においてスポーツ選手たちの競技開始年齢はとても興味深いものです。多くの選手たちが、プレゴールデンエイジ~ゴールデンエイジ(4~9歳)の時期に集中的に努力をして、その分野の才能を開花させたことが分かります。

石川 遼 ゴルフ 6歳
中田 英寿 サッカー 8歳
松井 秀樹 野球 9歳
澤  穂希 サッカー 11歳
宮里 藍 ゴルフ 4歳
浅田 真央 フィギュアスケート 5歳
吉田 都 バレエ 9歳
熊川 哲也 バレエ 10歳
北島 康介 水泳 5歳
谷  亮子 柔道 8歳
野村 忠宏 柔道 5歳
米田 功 体操 8歳
富田 洋之 体操 8歳
内村 航平 体操 3歳
田臥 勇太 バスケット 8歳