*

お受験とミュージカルレッスンについて

公開日: : 最終更新日:2014/09/17 ブログ , , , , , ,

みなさんこんにちは。だいぶ涼しくなり最近は肌寒い日も増えてきましたね。

 

ジュエリーキッズも毎週の定期レッスンと共に、特別レッスンも熱を帯びてきました。

引き続きお子さまの体調管理は万全に、良い秋にしましょう。

 

今回はちょっと雑感を書きたいと思います。この時期、毎年熱を帯びる「お受験について」です。

 

ジュエリーキッズの前身時代からそうなのですが、ちょうどこの時期に毎年きまって、

お受験を理由に「休会したい」というご家族と、同じく、

お受験を理由に「入会したい」というご家族が交錯します。

 

同じ目的にも関わらずご家族によってお考えの違いに主催者としてはちょっと困惑します。

 

ちょうど年中さんのご家族さまで、来年のお受験に向けて大手幼児教室などが新規生を募集する頃合いと重なるのでしょうね。

 

逆にお受験を理由に「入会したい」というご家族はいろいろ聞いてみるとお兄ちゃんかお姉ちゃんがいて、同じく過去にお受験で大手幼児教室に通った経験がある方がほとんど。

 

私自身も、普段からお受験の事を相談されることが多いせいか、はからずもとても詳しくなってしまったのですが、そういうご家族に、

「なぜジュエリーキッズに?」と伺うと、とても興味深い回答が。

 

お受験の幼児教室が実践しているカリキュラムは、徹底的にお受験用の「ペーパー」、「口頭試験」、「絵画」、「体操」、「行動観察」を、「これが出たらこう答える」「こういう場合にはこう行動する」といったような「あるべき姿」を積み上げていく指導です。

 

もちろん体操や縄跳び、鉄棒などの技術系のことなら良いのですが、一般常識やご挨拶、自己紹介などは、ある程度のところまでやるとみんな同じことが出来て、同じことを答えられる「どんぐりの背比べ」に陥るのだそうです。

 

また、知識や行動面は、「詰め込み教育」的な要素がとても強く、一番大切な「子どもの個性」を委縮させ、

「塾に行き始めてから元気がなくなった」「あまりしゃべらない子になった」「あまり笑わない子になった」「人目ばかりを気にするようになった」というケースもとても多いのだそうです。

もちろん幼児教室や先生との相性や、その子の向き不向き、ケースバイケースもありますから断定はできません。

 

実はジュエリーキッズでも今年のGW頃から「昨年末から受験塾に行き始めたんですが最近ちょっと・・・」と一気に相談者が増え、それに伴う入会者が増えました(^_^;)。

ジュエリーキッズはあくまでお受験教室ではなく、「子どもミュージカルスクール」なのですが、その指導カリキュラムが結果的に、

お受験にも最適という評価を最近になっていただけるようになり、幼児教室や、某有名私立小学校の先生方も見学にいらっしゃいます。

 

ミュージカルの3要素は、「演技」「歌唱」「ダンス」です。

 

「演技」は、自分の考えや意志、個性をしっかりと人前でも滑舌よく「言葉」で表現する力を養えます。発声練習も基礎から行います。自分の意志を相手に伝えるというスキルは大人になっても絶対的に必要な能力です。

「歌唱」は、歌詞の要点を掴みしっかりとイメージしながら、自分の身体を楽器にして音楽に合わせて歌うスキルです。音楽に合わせて聴いている相手の頭の中に情景や心情をイメージさせてメロディで伝えるという「強い感性」を磨くことが出来ます。

「ダンス」は、自分の身体を思い通りに動かすスキルが身に付きます。手と足、上半身と下半身を時に全く違う動きを音楽に合わせて動かすことにより、指先足先まで研ぎ澄まされた運動神経が養えます。そして物事にメリハリをつけるという意味でも欠かすことが出来ない「リズム感」が養えます。ダンスを始めてから、勉強と遊びのメリハリが付けられるようになったという子が多いのも事実です。

 

そして、何よりも自分が感じていること、思っていることを「素直に表現する」という経験は、子ども達の感性を養い、個性と才能を開花するのに大変有効です。

 

お受験をするという事は、やはりどうしても知識と行動の詰め込み(インプット)が必要となります。それによって子ども、そして家族も大きく成長し、絆を確かめ合えるということはあるでしょう。

でも子ども達はインプットだけですと子どもながらに精神的にアンバランスになってしまうことが多く、インプットがある分、自分の考えや想いをしっかりと「表現すること」(アウトプット)があることでバランスが取れ、勉強の効率も飛躍的によくなるのだと思います。

 

昨年、有名私立小学校に合格した子や、今年まさに受験年という子も、ジュエリーキッズにはたくさん通っていますが、聞くと家では気が遠くなるほどのお勉強(ペーパー1日200枚!)をしているようなのですが、みんなとっても目がキラキラしていて、眩しいくらいの笑顔の子が多いです。

 

どうやらミュージカル教育はお受験勉強とのバランスも良いようです。

演技・歌・ダンスそれぞれ子ども達の個性によって表現できる大好きポイントが違いますし、お受験の時期だけに限らず、人生において必要なスキルが身に付きますからね。

 

ジュエリーキッズは子ども達の感性を養い、その子にしかない個性と才能を開花することを目的に開講しているスクールです。

 

お受験の専門家に聞くと、合否を左右する最後の決め手は、知識や一般常識ではなく、面接官や審査官を「唸らせる」ようなキラキラしたその子にしかない「個性に基づいた言動」なのだそうです。特に名門小は顕著とのこと。

 

お受験勉強の問題には答えがありますが、個性や感性には正解はありません。

ジュエリーキッズの毎週のレッスンでは、とっても個性的で面白い会話ややり取りが連発しています。講師が予想した全く逆の答えが出てきて大人がびっくりすることも多々あります。

 

ジュエリーキッズは、子ども達一人一人が、いつでもとびっきりの笑顔でい続けることを最大限サポートしたいと思います。

子ども達が自分の目標と夢をしっかりと意識し、それに向かって努力し、実現することで成功体験を積み重ねていく。

どういう子ども達を一人でも多く送り出せるよう、講師陣一同頑張ります。

 

ジュエリーキッズ事務局

http://jw-kids.jp/

関連記事

春木瑠奈さんから「未来への贈り物」について寄稿をいただきました。

昨年のミュージカル「未来への贈り物2015」の出演者コメント。 本当にたくさんの方にご協力を頂き感

記事を読む

犬飼直紀くんが映画「14の夜」で主役タカシ役にて映画デビューします。

みなさんこんにちは。 このたびは嬉しいお知らせです。ジュエリーキッズレッスン生でアシスタントス

記事を読む

ミュージカルと小学・中学受験について

みなさんこんにちは。 今回のブログは、一見何の関連性もなさそうな「ミュージカル」と「お受験」に

記事を読む

ミュージカル「未来への贈り物」 脚本・演出家コメントのご紹介

ミュージカル「未来への贈り物」の脚本・演出家である横山清崇さんの「作品紹介」、「オーディション応募の

記事を読む

松本真世さんから「未来への贈り物」について寄稿をいただきました。

「未来への贈り物2016」オーディション締め切りを前にしたブログリレー継続中です(^^)/ このミ

記事を読む

新着記事

日比谷フェスティバル「ジュエリーキッズ ミュージカルコンサート」本番

5月5日(祝水)子どもの日に、東京ミッドタウン日比谷で開催された日比谷フェスティバルにて「ジュエリ

記事を読む

日比谷フェスティバル上演時間・出演者決定!

日比谷フェスティバルにて「ジュエリーキッズ ミュージカルコンサート」を上演致します。上演時間および

記事を読む

「ジュエリーキッズミュージカルコンサート」in Hibiya Festival 出演決定しました。

東京ミッドタウン日比谷にて、4月29日(木・祝)~5月16日(日)まで開催される「HIBIYA F

記事を読む

恵比寿文化祭にジュエリーキッズ出演

ここ最近すっかり寒くなりましたね。体調を崩しやすい時期ですので、どうか暖かくしてお過ごしくださいま

記事を読む

オンラインレッスン公式ホームページ開設

ジュエリーキッズはこの度「オンラインレッスン公式ホームページ」を開設しましたのでご案内します。ペ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日比谷フェスティバル「ジュエリーキッズ ミュージカルコンサート」本番

5月5日(祝水)子どもの日に、東京ミッドタウン日比谷で開催された日比

日比谷フェスティバル上演時間・出演者決定!

日比谷フェスティバルにて「ジュエリーキッズ ミュージカルコンサート」

「ジュエリーキッズミュージカルコンサート」in Hibiya Festival 出演決定しました。

東京ミッドタウン日比谷にて、4月29日(木・祝)~5月16日(日)ま

恵比寿文化祭にジュエリーキッズ出演

ここ最近すっかり寒くなりましたね。体調を崩しやすい時期ですので、どう

オンラインレッスン公式ホームページ開設

ジュエリーキッズはこの度「オンラインレッスン公式ホームページ」を開

→もっと見る

PAGE TOP ↑